私たちは、自然に優しい生活を応援します。

形の科学会 へようこそWelcome to Society for Science on Form, Japan

コンセプトConcept

イメージ

自然の探求や,技術的な研究の場において,物の形が問題になることがしばしばあります.結晶の形,コンクリートや合金内部の立体構造,球の充填構造,地形の形成等,その例は数多くあります.これらに共通の点は,多数の要素から成り立ち,それらが複雑な配置をとっていることです.集合体の典型である生物や,体内の器官についても,機能と形が密接に関係していることは疑いありません.それらの働きを研究するときは,形を定量的に記述する方法を探る必要があります.さらに,画像処理やパターン認識の技術が,しばしば必要になりますので,形の科学は情報という概念を含むことになります.また都市や地域などのような社会構造も,形と関連しています.形の科学会は,このような研究を通して,研究対象で分類される従来の科学の枠組みを越えて「形」という概念を中心とした学際的な科学の確立をめざしているのです.「形」に興味がある方なら,どなたでも入会していただけます.

シンポジウム情報Symposium Information

千葉大学

第86回 形の科学シンポジウム@千葉大学が開催されます。



【会期】 2018年11月28日(水)~30日(金)
【テーマ】かたちの機能,機能のかたち
【講演申込締切日】 2018年10月12日(金)
【予稿原稿締切日】 2018年10月26日(金)
【参加申込締切日】 2018年11月16日(金)
【代表世話人】 井宮淳(千葉大学統合情報センター)

参加申し込み講演申し込み予稿投稿

シューレ情報Schule Information

放散虫

かたちシューレ2018@琵琶湖が開催されます。



【会期】2018年12月25日(火)~26日(水)
【会場】琵琶湖マリオットホテル
【代表世話人】松浦康之
【世話人】小森雄太、高田宗樹
【参加費】5,000円(仮)

参加申し込み講演申し込み予稿投稿

新着情報一覧

test

Copyright(c) 2018 形の科学会 Society for Science on Form, Japan All Rights Reserved.