Home » シンポジウム, 学会情報 » 第83回形の科学シンポジウム「伝統の形と形の科学」@金沢工業大学 6/10-11

第83回形の科学シンポジウム「伝統の形と形の科学」@金沢工業大学 6/10-11形の科学会 Society for Science on Form, Japan

第83回形の科学シンポジウム「伝統の形と形の科学」@金沢工業大学

kit-photo

 金沢は伝統工芸が今もいきづく街です。金沢の伝統工芸を見ると工芸士たちの手による緻密な造形美があります。例えば、冬の重たい雪から樹木を守る雪吊りや、表通りから人目を遮る格子戸など、風土に合った実用的な機能を有し、さらに見た目の美しさが際立つ洗練された造形美まで追求しているのが金沢のものづくりです。経験によって作り出された形の中に、数理造形にも通ずるような幾何学的な造形美を探求してみてはいかがでしょうか。
 そこで、今回の形の科学会シンポジウムは、伝統的な形の文化と形の科学の接点を見つける会として、「伝統の形と形の科学」というメインテーマで開催したいと思います。また通常通り、形の科学一般のご講演もお待ちしております。ふるってご参加下さい。

<ご注意>
宿泊先の予約は各自でお願いいたします。旅行者が多い時期ですので、宿泊先のご予約はお早めにお願いいたします。
なお、宿泊先は金沢市中心街(香林坊・片町、金沢駅)周辺がお勧めです。

【招待講演・特別講演】(公開講演・入場無料・事前申込不要)

小出 孝子(加賀手鞠作家)
「加賀てまりの世界」
加賀てまりの美的な幾何学模様がどのように作られるのか、 実演を交えながら解説して頂きます。
小川 直久(北海道科学大学・教授)
「~形ができるしくみ~自然のつくる形を理解する」

※開催日は、6月10日土曜日です。


開催概要

【会 期】 2017年6月10日(土),11日(日)
【会 場】 6/10(土):金沢工業大学(扇ヶ丘キャンパス)/23号館5階
      6/11(日):石川四高記念文化交流館(香林坊付近)/多目的室2、3番
      ※1日目と2日目で会場が変わります。お間違いのないようにお越し下さい。
【住 所】 金沢工業大学(扇ヶ丘キャンパス) <アクセス情報>
      〒921-8501 石川県野々市市扇ヶ丘7-1
      石川四高記念文化交流館 <アクセス情報>
      〒920-0962金沢市広坂2-2-5
【主 催】 形の科学会
【代表世話人】出原立子(金沢工業大学)
      問合せ先 E-mail: izuhara@neptune.kanazawa-it.ac.jp
      ([@]を半角で置き換えて下さい)
【参加費】 会員・非会員ともに一般5000円、学生1000円 (金額は予定額)
【懇親会】 6月10日(土)夕方に予定
【懇親会会場】 金沢工業大学内イルソーレ
【懇親会費】 一般4,000円,学生1,000円(金額は予定額)

参加申し込み

【講演申込締切日】 2017年4月21日(金) 講演申込
【予稿提出締切日】 2017年5月2日(火) 予稿提出
【参加申込締切日】 2017年5月31日(水) 参加申込(講演代表者以外)
※当日参加も可能ですが、懇親会に参加される場合は必ず事前に申込みしてください。

発表種別(以下1~6から一つ選んでください)
1. 伝統の形と形の科学:第83回シンポジウムメインテーマ
2. 形の科学一般:あらゆる分野での形にかかわる自由な内容の講演を受け付けております。
3. 形と知:分野を問わず、自由な形式での、哲学・人文・芸術・デザイン・教育・作品紹介などあらゆるタイプの活動のご紹介。
4. ジュニアセッション:ジュニア会員のご研究発表。
5. 展示:自由な形式の作品などの展示。展示作品をもちいた実演、販売も行えます。展示のみの場合、5分間のご講演もお願いする予定です。
6. Forum:自由なテーマで、各自の研究領域の問題や成果、興味深い「かたち」に関する話題などをご紹介いただけます。分野を越えて興味を高め合う場にいたしますので、専門的な詳細の説明は最小限にとどめ、非専門家にも分かるような発表をお願いします。また、Forum講演者には、シンポジウムにForma誌(カテゴリー:Forum)への4枚以内の投稿原稿をご持参いただきます。講演時間と討論時間を10分ずつ設ける予定です。
<注意事項>
〇ご講演はお一人一件までとします。
〇発表時間25分(講演20分+質疑応答5分)を予定しています。
〇講演申込をした方は、「参加(聴講)申込みフォーム」は不要です。


Symposium Venue MAP

金沢工業大学扇が丘キャンパス23号館:6/10(土)会場


休憩時間に、本学見学コースをご希望でしたら手配いたします。
見学場所としては、リニューアルした「夢考房」(数々の賞を獲得しロボコンでも有名)、あるいは、本学のライブラリーセンターにある「工学の曙」という稀少本コレクションも見学希望者がいらっしゃれば承ります。


石川四高記念文化交流館:6/11(日)会場


仏教哲学者として世界的に有名な鈴木大拙などが学んだ第四高等学校の校舎を使っています。
形の科学にも関わる雪の結晶学の中谷宇吉郎も第四高等学校出身です。
金沢の中心地にありますので、ちょっとお散歩すれば兼六園金沢21世紀美術館もありますので、ぜひお越しください。
兼六園
早朝(無料)4:00~6:45
通常(有料)7:00~18:00
料金 大人310円 小人100円

金沢21世紀美術館
【開館】展覧会ゾーン   :10:00〜18:00(土曜日は20:00まで)
    交流ゾーン<無料>:9:00〜22:00

 

代表世話人:出原立子 事務局シンポジウム担当:手嶋吉法、石原正三 事務局長:松浦執 WEB担当:沓名健一郎、海野啓明


最終更新日: 2017年4月23日
2017年03月02日木曜日/2017-03-02T19:24:38+00:00 category : シンポジウム, 学会情報 タグ: , ,
Copyright(c) 2017 形の科学会 Society for Science on Form, Japan All Rights Reserved.