Home » シンポジウム, 学会情報, 学会賞 » 第89回形の科学シンポジウム「自然・文化・かたち」@小樽 2020.6/13-15

第89回形の科学シンポジウム「自然・文化・かたち」@小樽 2020.6/13-15形の科学会 Society for Science on Form, Japan

第89回形の科学シンポジウム「自然・文化・かたち」@小樽

otaru

 第89回のシンポジウムは、14年ぶりの北海道での開催になります。今回の開催は、大学を離れ、海の街 小樽の公会堂で行います。せっかくの北海道でのシンポジウムということで、今回は皆さんに北海道の自然や、アイヌ文化を味わっていただきたいと思います。
 そこで招待講演には、アイヌ民族のムックリ(竹製口琴)演奏家、郷右近さんによる:ムックリの紹介、演奏、ワークショップを。北海道の文化から世界への繋がりを考えるということで、アフリカ、ジンバブエの楽器:ムビラ奏者のAkiさんによる演奏とアフリカ紹介、北海道全域での釣りガイドを行っている児島さん(会員)と、島牧村の熊撃ちである堂坂さんには、それぞれ「北海道の自然と魚」「ヒグマの生態と駆除の現状」と題してお話いただきます。テーマにかかわる講演も広くお待ちしております。

【招待講演】

多くの皆様のご来場、ご聴講を心よりお待ち申し上げております。

■招待講演
郷右近 富貴子(アイヌ民族の竹製口琴ムックリの紹介と演奏、阿寒口琴の会)
「音と形の向こう側~ムックリの世界~」(予定)
■招待講演
Aki Setoda (田中明子)(ジンバブエの民族楽器ムビラの紹介と演奏、アフリカの旅)
「アフリカの風」
■招待講演
児島 秀明 SomeRise(釣りガイド)
「北海道の自然と魚」
■招待講演
堂坂良幸(島牧村モッタ海岸温泉主人 クマ撃ち)
「ヒグマの生態と駆除の現状」

開催概要

【会 期】 2020年6月13日(土)~15日(月)
【会 場】 小樽市公会堂
【住 所】 〒047-0024 小樽市花園5丁目2番1号 アクセスマップ
【主 催】  形の科学会
【代表世話人】 小川直久(北海道科学大学)、荏原小百合(北海道科学大学)
【問合せ先】E-mail: ogawanao[at]hus.ac.jp または ehara-s[at]hus.ac.jp
    ([at]を半角@で置き換えて下さい)
【参加費】 会員・非会員ともに一般5,000円、学生1,000円
【懇親会日程】 6月13日(土)※5月13日までにお申し込みをされた方
【懇親会会場】 小樽ビール 小樽倉庫 NO.1
【懇親会費】  一般4000円

参加申し込み

【講演申込締切日】 2020年5月1日(金) 講演申込
【予稿提出締切日】 2020年5月15日(金) 予稿提出
【参加申込締切日】 2020年6月5日(金)) 参加申込(講演代表者以外)
※当日参加も可能ですが、懇親会に参加される場合は必ず事前に申込みしてください。
シンポジウム予稿テンプレートのダウンロード
(DOCX形式・Word2007以降用*)

1. 「自然・文化・かたち」:第89回シンポジウムメインテーマ
2. 形の科学一般:あらゆる分野での形にかかわる自由な内容の講演を受け付けております。
3. 形と知:分野を問わず、自由な形式での、哲学・人文・芸術・デザイン・教育・作品紹介などあらゆるタイプの活動のご紹介。
4. ジュニアセッション:ジュニア会員のご研究発表。
5. 展示:自由な形式の作品などの展示。展示作品をもちいた実演、販売も行えます。展示のみの場合、5分間のご講演もお願いする予定です。
6. Forum:自由なテーマで、各自の研究領域の問題や成果、興味深い「かたち」に関する話題などをご紹介いただけます。分野を越えて興味を高め合う場にいたしますので、専門的な詳細の説明は最小限にとどめ、非専門家にも分かるような発表をお願いします。また、Forum講演者には、シンポジウムにForma誌(カテゴリー:Forum)への4枚以内の投稿原稿をご持参いただきます。講演時間と討論時間を10分ずつ設ける予定です。
<注意事項>
〇発表時間25分(講演20分+質疑応答5分)を予定しています。
〇学生または院生の方で、短めの講演時間(講演10分+質疑応答5分)を希望される場合は、講演申込時に明記してください。
〇講演申込をした方(代表者)は、「参加(聴講)申込みフォーム」は不要です。

以下は第89回シンポジウムの特記事項です。
1) 会場での、物品の宣伝、販売、チラシ配布などは一切禁じられております。学術的な展示のみ可能です。(小樽公会堂でのきまり事です)
2) 会場ではコンセントが1つしか使えません。(発表のPC用に使います)このため、各自のPCなどの充電は、宿泊先にてお願いします。
3)最終日(6/15)の展示は講演会場内の後方に展示する形となります。

 

シンポジウム予稿集


完成しましたら掲載いたします。
参加者には会場で予稿集(冊子体)を配布します。



アクセスマップ



 

代表世話人:小川直久、荏原小百合 事務局シンポジウム担当:手嶋吉法、石原正三 事務局長:松浦執 WEB担当:沓名健一郎、海野啓明





最終更新日: 2019年12月9日
2019年11月13日水曜日/2019-11-13T23:53:00+00:00 category : シンポジウム, 学会情報, 学会賞 タグ: , ,
Copyright(c) 2019 形の科学会 Society for Science on Form, Japan All Rights Reserved.