Home » シューレ, 学会情報 » かたちシューレ2013@観音寺のご案内 11/30-12/1

かたちシューレ2013@観音寺のご案内 11/30-12/1形の科学会 Society for Science on Form, Japan

形の科学懇談会「かたちシューレ2013」のご案内です。
香川県・観音寺一泊です。

開催概要

【会期】2013年11月30日(土)~ 12月1日(日)
【会場】琴弾荘
〒768-0062 香川県観音寺市有明町10-22
TEL: 0875-23-1111 FAX: 0875-25-4179
http://kotohiki.com/
【代表世話人】沼原利彦(ぬまはら皮ふ科)
【世話人】髙田宗樹(福井大学)、松浦康之(名古屋市立大学)
【参加費】学生:17,500円(参加費+宿泊代+懇親会代=2,500+11,000+4,000)
     一般:19,500円(参加費+宿泊代+懇親会代=4,000+11,000+4,500)
【講演申込締切日】 2013年11月1日(金)(12月1日の研究発表の申込)講演申込
【予稿原稿提出締切日】 2013年11月18日(月)(予稿は2頁以内,会誌に掲載)予稿提出
【参加申込締切日】 2013年11月8日(金)(締切厳守)参加申込(講演代表者以外)



大きな地図で見る

交通ほか

1)交通 JR予讃線 観音寺駅より、タクシーで5分

○航空機+JR
羽田    高松空港  高松駅          観音寺
07:55 →(JAL1403)→ 09:15 09:30 → 10:15 11:50 → (いしづち13号) → 12:36
○JR
東京       岡山    観音寺
07:50 →(のぞみ13号)→ 11:15 11:34 → (しおかぜ9号) → 12:36

2)会議室
2日とも使用予定。
スクリーン有、プロジェクターは代表世話人で用意いたします。

3)ネット環境
インターネット環境:無線LAN


プログラム(予定)

 

11月30日(土):第1日目
9:00- 企画委員会
12:50- 受付
13:00 かたちシューレ2013 開会
13:00~14:30 口頭発表 (座長: 松浦康之/名古屋市立大)
1 「ケプラー順問題の解=宇宙の方程式」とした場合の解の唯一性について
杉本剛 (神奈川大)
2 国際交流のかたち
杉本ひろみ(保土ヶ谷国際交流の会)
3 イメージミッションのミッションと最近の成果について
前畑謙次 (イメージミッション木鏡社)
4 葉序方向の決定要因とかたち
根岸利一郎 (埼玉工業大・先端科学研究所)
5 ランダム充填に関する最近の研究
種村正美 (統計数理研究所)
6 仮想空間に指先ジェスチャーを出現させる立体視教材の開発
三上哲史 (東京学芸大・院・教育)
7 回転運動の立体知覚の誤り検出
松浦執 (東京学芸大・基礎自然科学講座)
8 長時間の立体映像視聴が生体に及ぼす影響について 1
木下史也 (福井大・院・工学)
9 長時間の立体映像視聴が生体に及ぼす影響について 2
谷口慎一 (福井大・院・工学)
10 書字の脳内イメージ
沓名健一郎 (福井大・院・工学)
11 数独の完成形は何個あるか
松原康夫 (文教大・情報)
12 長時間の立体映像視聴が生体に及ぼす影響について 3
松浦康之 (名古屋市立大・院・システム自然科学)
13 皮膚手術の幾何学
沼原利彦 (ぬまはら皮ふ科)
 休憩 (14:30-14:45)
研究発表1 (座長: 沼原利彦/ぬまはら皮ふ科)
14:45-15:45 「ケプラー順問題の解=宇宙の方程式」とした場合の解の唯一性について
杉本剛(神奈川大)
15:45-16:45 仮想空間に指先ジェスチャーを出現させる立体視教材の開発
三上哲史 (東京学芸大・院・教育)
松浦執 (東京学芸大・基礎自然科学講座)
 休憩 (16:45-17:00)
研究交流会
17:00-18:15 形の科学の未来を語る討論会
 休憩 (18:15-18:30)
18:30~20:30 懇親会

 

12月1日(日):第2日目
10:00~12:00 研究発表2 (座長: 沼原利彦 /ぬまはら皮ふ科)
9:00-10:00 学際的研究の進め方について
高木隆司 (神戸芸術工科大)
10:00-11:00 数独の完成形は何個あるか
松原康夫 (文教大・情報)
11:00-12:00 書字の脳内イメージ
沓名健一郎 (福井大・院・工学)
かたちシューレ2013 散会

最終更新日: 2014年8月28日
2013年08月15日木曜日/2013-08-15T00:42:54+00:00 category : シューレ, 学会情報 タグ: ,
Copyright(c) 2013 形の科学会 Society for Science on Form, Japan All Rights Reserved.