Home » 後援・協賛 » 第19回日本感性工学会大会 <協賛>@筑波大学東京キャンパス 9/11-13

第19回日本感性工学会大会 <協賛>@筑波大学東京キャンパス 9/11-13形の科学会 Society for Science on Form, Japan

形の科学会は、第19回日本感性工学会を協賛します。

開催概要

第19回日本感性工学会大会
開催期間    2017年9月11日(月)〜13日(水)
会  場    筑波大学東京キャンパス
        〒112-0012 東京都文京区大塚3-29-1
        http://www.tsukuba.ac.jp/access/bunkyo_access.html
大会テーマ   感性ジュークボックス(KANSEI jukebox)
詳  細    http://www.jske.org/taikai/jske19

形の科学会会員は、日本感性工学会会員と同じ参加料で参加することができます。

大会概要

 第19回日本感性工学会大会は、筑波大学東京キャンパス(文京区大塚)で開催させていただく運びとなりました。
 筑波大学は1872年に発足したわが国初の師範学校を創基として東京高等師範学校、東京文理科大学、東京教育大学の伝統を受け継ぎ、東京・大塚には東京高師時代の1903年から校地を構えています。筑波大学は既存の学問分野を越えた協同を必要とする領域の開拓に取り組むことを基本理念とし、分野横断的な研究教育を積極的に推進しています。感性科学を追究するための芸術学・心理学・心身障害学・臨床医学・神経科学を有機的に架橋した研究教育組織の実現も、この理念から生まれました。
 日本感性工学会は感性をキーワードとして、人文科学・社会科学・自然科学と言った既存の枠にとらわれない幅広い学際研究の展開とその成果に立脚した新しい技術と文化の創成に貢献してきました。感性工学は様々な学問分野を包含する数多のジャンルの研究成果を提供することで、人々の感性に響く豊かな社会の構築に役立っています。これは多くのレコードを内蔵して様々な音楽で人々の感性を刺激する、楽しいジュークボックスのようです。このイメージから第19回大会のテーマを「感性ジュークボックス」としました。いろいろな人々が集まって楽しい時間と新たな出会いを生むジュークボックスのあるサロンのように、この大会に参加される方々の有意義な場となるよう努めてまいります。そのためにお願いいたします。皆様お気に入りのジャンルの研究をお持ち寄りください。その楽しさをご紹介ください。また、普段は聴かない音楽ジャンルのボタンを押してみるように、異なる研究分野のセッションにも是非耳と目を傾けていただきたいと思います。
 本大会が専門分野の深化と新規分野の開拓の双方の一助となり、感性工学のさらなる研究の発展に貢献できますよう期待いたします。

大会実行委員長 尾崎繁 (筑波大学)

お問い合わせ

第19回日本感性工学会大会事務局
E-mail : jske19@jske.org

2017年06月02日金曜日/2017-06-02T08:47:28+00:00 category : 後援・協賛 タグ:
Copyright(c) 2017 形の科学会 Society for Science on Form, Japan All Rights Reserved.