Home » 後援・協賛 » 国際研究集会「蝶の斑紋多様性の理解に向けた統合的アプローチ(IABP-2016)」後援 8/1-3

国際研究集会「蝶の斑紋多様性の理解に向けた統合的アプローチ(IABP-2016)」後援 8/1-3形の科学会 Society for Science on Form, Japan

国際研究集会「蝶の斑紋多様性の理解に向けた統合的アプローチ(IABP-2016)」を後援しています。どうぞご参加ください。

1456932943520

概要

藤岡知夫博士の「日本の蝶コレクション」が中部大学蝶類研究資料館(仮称)へ移管されるのを記念して、2016年8月1日~8月3日にチョウの斑紋の多様性生成・進化研究において世界で活躍中の研究者の方々に中部大学にお集まりいただき、「チョウの斑紋多様性の理解に向けた統合的アプローチ」と題する研究集会(IABP-2016)を開催します。この研究集会では、十数名の招待講演者の発表と公募のポスター発表を企画しています。国内外の研究者、蝶の斑紋多様性と進化に関心のある多くの方々のご参加をお待ちしています。

開催概要

【日時】8月1日~3日(1日のみ入場無料)
【場所】中部大学不言実行館1階アクティブホール
【後援】日本進化学会、形の科学会、日本数理生物学会ほか
webサイト: http://www3.chubu.ac.jp/iabp2016/



プログラム

会場

中部大学春日井キャンパス別サイトにリンクします 不言実行館1階アクティブホール

日程

◇8月1日(月曜日)
13時30分~17時
特別招待講演
◇8月2日(火曜日)
9時 ~ 15時
(1時間昼食休憩)
招待講演者の研究発表 I, II, III
15時 ~ 17時30分
「日本の蝶コレクション」見学会 (中部大学名古屋キャンパス別サイトにリンクします
18時30分 ~
歓迎夕食会 (ホテルプラザ勝川)
◇8月3日(水曜日)
9時 ~ 16時
(1時間昼食休憩)
招待講演者の研究発表 IV, V

ポスター発表

8月2日(火曜日) 9時 ~ 18時
8月3日(水曜日) 9時 ~ 16時

※ポスター発表希望者は、参加要項に従ってご応募ください

特別招待講演者

  • H. Frederik Nijhout (Professor, Duke University, USA)
  • 小檜山 賢二 (慶應義塾大学名誉教授)
  • 名和 哲夫 (名和昆虫博物館館長)

招待講演者

  • H. Frederik Nijhout (Professor, Duke University, USA)
    “Eyespots and parafocal elements: what are they, really?”
  • Antonia Monteiro (Associate Professor, National University of Singapore, Singapore)
    “Testing the role of developmental genes in color patterning butterfly wings”
  • Patricia Beldade ( Dr. CNRS the University of Toulouse, France)
    “Eco-evo-devo in Bicyclus anynana color patterns: evolution and regulation of developmental plasticity”
  • Nipam Patel (Professor, Department of Integrative Biology, University of California, Berkley, USA)
    “The developmental and genetic basis for structural coloration”
  • Arnaud Martin (Assistant Professor, George Washington University, USA)
    “Nymphalid Groundplan revisited: a developmental roadmap for deciphering wing pattern homology”
  • Marcus Kronforst (Assistant Professor, University of Chicago, USA)
    “Exploring the genetics of mimicry and mate choice in butterflies”
  • Carlam Penz (Associate Professor, University of New Orleans, USA)
    “Exploring color and pattern diversification in early Satyrinae lineages”
  • Jameson Clarke (Mr. Duke University, USA)
    “A comparative analysis of seasonal polyphenism in Junoniini butterflies”
  • Chris D. Jiggins (Professor, Evolutionary Biology, University of Cambridge, UK)
    “Innovation by introgression and recombination in Heliconius wing patterns”
  • Robert D. Reed (Associate Professor, Cornell University, USA)
    “Genetic basis of butterfly wing pattern development”
  • 藤原晴彦 Haruhiko Fujiwara (Professor, University of Tokyo, Japan)
    “Molecular mechanim and evolutionary process of female limited Batesian mimicry of Papilio butterfly” (tentative)
  • 西田律夫 Ritsuo Nishida (Professor Emeritous, Kyoto University, Japan)
    “Chemical ecology of poisonous butterflies — model or mimicry?”
  • 大瀧丈二 Joji Otaki (Associate Professor, University of the Ryukyus, Japan)
    “Possible rules for color pattern determination in butterfly wings” (tentative)
  • Chandrashek ar Venkataraman (Lecturer, University of St. Andrews, UK)
    “A model for selection of eyespots on butterfly wings” (tentative)
  • 関村利朗 Toshio Sekimura (Professor, Chubu University, Japan)
    “A model for population dynamics of the mimetic butterfly Papilio polytes in Sakishima Islands, Japan” (tentative) 


最終更新日: 2016年3月6日
2016年03月02日水曜日/2016-03-02T18:32:11+00:00 category : 後援・協賛 タグ: , , ,
Copyright(c) 2016 形の科学会 Society for Science on Form, Japan All Rights Reserved.